MENU

お金を借りる時の審査に通らない!?

キャッシングの申込をしているけれど、なかなか審査にとおらないという方もおられますが、お金借りたい時の審査がどういうふうにおこなわれているのかを知ることで審査に通りやすくなると思います。

 

[申込書の記入ミス]
申込書の記入ミスがあることが多く、インターネットからの申込は申込書の記入内容だけで判断するので、申込書に記入ミスがあったとき、故意でなくても「虚偽の記載をしている」と判断される場合もあります。
そうなると即座に断られることも有るので申込書の記入は再度確認し、記入内容に間違いがないことを確かめることが重要です。

 

[属性スコアリングで属性を判断する]
属性とは簡単に言えば、本人が信用できる人間かどうかということで、キャッシング会社は見ず知らずの人にお金を貸すことで利益を上げているので「申込者にお金を貸しても返済するだけの能力かあるのか」を知ることが最も重要になります。

 

スコアリングとは、申込書に記入したすべての項目や、信用情報機関の個人情報をもとに、点数を付けていきます。
そして、スコアリングの点数が高ければ融資が受けられる可能性が高くなり、点数が低すぎると融資が受けられなくなったりすることもあります。

 

属性に関しては自分の意志で高くしたりすることができる項目もあるので、その属性を高くすれば総合点は高くなります。
たとえば、勤務形態などは重要で同じ勤務先に長く勤めていれば安定した収入もあり、社会的な信用もあると判断されるので申込は、せめて1年近く過ぎてから申込むことや、他社に借入が有るときはそちらを完済するとか、遅延などを起こさず返済を続けていれば属性は高くなります。

 

[一度に複数社への申込はさける]
すぐにお金が必要なので、融資が受けられればどこでもよいといった気持ちで一度に複数社へ申し込みたくなりますが、これは絶対してはいけません。
キャッシング会社へ申込をすると、それぞれのキャッシング会社は申込者の個人情報に申込があったことを記入します。

 

申込履歴に他社の名前があり、いまだに借りられていないのは何か問題が有るのかもしれないと判断され、ますます融資が受けられなくなります。
そういったときは、いきなり申込をせずにキャッシング会社のホームページにある「借入診断」などを利用すれば融資が受けられるかどうかを調べることができるので、こちらで試してみてから申込するようにすれば申込ブラックになることは避けられます。

お金を借りるときの年収制限

 

キャッシングを始めたいけれど、収入が少ないので利用できるのかな?といった心配をされている人がおられますが、収入があれば多い少ないに関係なくキャッシングが利用できますが、消費者金融でキャッシングをする場合は、年収による制限が有ることを知っておきましょう。

 

[消費者金融の年収制限]
消費者金融は2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行となったことから、消費者金融でキャッシングを始めるとき、融資限度額は年収の3分の1以内という制限が付けられました。
たとえば年収300万円の人の融資限度額は最高で100万円までの限度額の利用ができますが、初回申込時は低くおさえられ、多くても50万円ほどで、あとは増額申請を続けていけば、最終的に融資限度額を100万円にできます。

 

このように消費者金融のキャッシングでお金を借りるときは、年収がなければ利用できなくなり、これまでキャッシングの利用が一番多いと言われていた主婦層に大きな違いができました。
年収が必要になるため、パートで収入を得ている兼業主婦の場合、パート代は収入が有ると認められるので、これまで通りキャッシングができますが、融資限度額は年収の3分の1以内になるので多くの融資限度額は望めません。

 

無収入の専業主婦は総量規制の「例外」にある「配偶者貸付制度」を利用すれば消費者金融を利用できますが、この制度を利用するためには配偶者の同意を得なければならず、貸す側の消費者金融は調査や審査が複雑になり、採算が取れないので中止しているところも多く、制度はあっても実際は利用できない状況です。

 

[銀行カードローンの年収制限]
銀行カードローンは銀行法に基づいて事業をおこなっているため、貸金業法の総量規制の影響を受けることはありません。
申込条件も「継続した収入があるかた」と書いてあるように、年収よりもむしろおなじ勤務先での勤続年数が長く、継続した収入があるといったことを重要視しているようです。
銀行カードローンは年収に影響されないので、無収入の専業主婦でもキャッシングが可能で、銀行の商品として専業主婦専用のカードローンを用意している銀行もあるので安心してキャッシングが申し込めます。

 

銀行系カードローンは総量規制対象外だった?!

2006年の貸金業法の改正されてから総量規制というものができました。その年、クレジットカード会社から初めて、源泉徴収票の提出を求められたのを覚えています。
「えっ何で?」と疑問に思い、クレジットカード会社に直接、電話して聞いてみました。すると「総量規制により限度額を再検討します」とのことでした。
あなたは、こんな経験ありませんか?他にも、実際に限度額を減らされた、なんていうこともあったのではないかと思います。

 

総量規制では、個人の借入限度額は年収の3分の1以内に決められています。お金を借りたくても借りらなかったという経験もあるでしょう。そんな中、総量規制の対象外になっているローンがあるのはご存知ですか?
総量規制とは、貸金業法に付随している法律なので、その管轄外の金融機関には関係がありません。従って銀行法の管轄下にあるローンはその対象外となります。
ですから、銀行系カードローンは総量規制の対象外から外れます。
その代表であるのが「レイク」のカードローンです。レイクは新生銀行が運営しているカードローンなので、総量規制対象外です。

 

このように銀行が提供するカードローンは全て対象外なのです。銀行のカードローンは融資金額も高額で、しかも規制にはひっかからないので、まとまったお金が必要な時には非常に役にに立ちます。また、使用用途も制限がないので、どんなことにも利用できます。ただし、事業の運営に充てることはできないのでご注意ください。